2010年07月12日

心震えて・・・

ピアノとトランペットの生演奏を聴く機会に恵まれまして・・・

和気あいあいとした雰囲気の中、心地よく聴いてきました。




そんな演奏の真っ最中にふと思ったこと。


ジーナンは中学時代吹奏楽部にはいってた。

初めて触れる楽器。

初めての部活動。


たくさんの・・・

ほんとにたっくさんの想いを経験しながらの3年間。


ちょっとした演奏会で少しずつ上達してる子ども達に感心しつつ。。。



中学生活最後の演奏会の時に、かあちゃん


涙が止まらへんかった。


うまくなったとか、上手な演奏とか

そういうんで泣いたんじゃなく


今まで聞いてきた、ジーナンが経験してきたことや想いがブワッと溢れ出してん。一緒に過ごしてきた部活仲間達への想いも相まって、なおいっそう涙は止めどなく。。。


それは、確実な親離れのスタートって確信。

嬉しいやら淋しいやら・・・



いくつもいくつもステップを踏みながら今現在も親離れ進行中のジーナン。優しく逞しくなっていくなと。



かあちゃんはこれからどんな生演奏を聴いたとしても,あの時みたいに心が震えることはないんじゃないかと想う。






ジーナンの葛藤と共にかあちゃんにだって葛藤はあった。だけど成長の側に居ていっぱいやりとりしてきてほんまに良かったって想う。

奄美組のイグイグにも幾度となくそんな想いをもらって・・・イグイグは既に親離れほぼ完了。



かあちゃんの次なる相手はカイゴンで、日々カイゴンの心の動きに一喜一憂してる次第(笑



そして上の3人の時とは全く違い働きオカンと向き合うことになるミーシャンとは、今更ながら改めて模索事が多くてこの先ドキドキワクワク&ハラハラたらーっ(汗)





和気あいあいとした生演奏で、思いがけず我が子達への向き合い方を振り返るきっかけをもらえました♪




ha1.gif






posted by かあちゃん at 23:51| Comment(0) | 想い綴り'10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。