2010年07月15日

離れてるという事

現在京都組と奄美組での分離生活な我が家。

ことあるごとに離れてる距離を感じる。

災害等の情報は入ってきやすいし、連絡手段として電話・携帯・メールがあっても感じるんやから、昔はもっと切実やってんやろうと思う。



特に身内や大切な人に大きな出来事があったとき、すぐに飛んでいけへんもどかしさが距離を実感させる。


実距離もさることながら移動手段やその費用も距離を感じる一因。



自立して生きていく以上、遠近の差はあっても必ず離れて暮らすもの。

若い時は実感として全く湧かない感情も、年齢を重ねると現実に迫りくる状況にあれこれ考えざるを得ない。


離れている以上とっさに飛んでいかれへん!っていう覚悟の深さや重さを改めて肩に背負う。





以前島でのブログでも書いた事があったと思うけど、今は増々実感として身にしみる・・・


ha1.gif






posted by かあちゃん at 22:32| Comment(0) | 想い綴り'10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。