2011年04月11日

想いを馳せて

東北関東大震災・福島原発事故から1ヶ月。

想像を絶する想いを抱えた人達がいる。
それでも前を向いて日々懸命に過ごしてはる姿に心が震える。

現場で懸命に動いてる人達、
それぞれの場所で出来る事を模索しながら想いを向ける人がいる。


未だに本当の事が分かりにくい現実。
現状が伝わってきにくい現実にもどかしさは募る。





色んな事情が絡んでいるとは思う。

だけど 地球が在り続ける上で

全ての命が健康に繋がっていく事以上に

大切な事はないはず。



ちゃんと知ろうとしてなかった自分を反省しつつ

一刻も早く原発を止めて下さい。


たくさんの命の中の,ほんの一部の人の得のしがらみでこの大惨事がうやむやにされていかない事を願います。












この年度の変わり目に かあちゃんの中のスッキリしない何かを整理したくて、改めて確認したくて。永年の目標の1つやった上の妹の元へ1人で行ってみてました。

40歳にして初めての中期1人時間でした。
たくさんの刺激と・・・
たくさんの想いと・・・
たくさんの感情と・・・
たくさんの経験と・・・




改めて かあちゃんが歩いてきた道だからこその今のかあちゃんだという事。

自分で思ってる以上に、タフで図太い「私」を再認識。

大切にしてきた事・大切に想っている事は、今までのスタイルで今まで以上に大切にしよう。



無理する必要はない

足りない部分も含めて正直にいよう

そのことで「何か」を感じてもらえてる事を実感したから。


私が自然体で居続ける事が求められてるぴかぴか(新しい)

私自身は自然体でいたいと思い続けてる(*´∀`*)

なら、このままがええ!!




子ども達が飛び立っていきはじめるのを目前に

子ども達が自分で歩き出す1歩を踏み出すように

しっかりとした1歩をかあちゃんも踏み出せそうです。

ミーシャンが飛び立つ時には

働きオカンなかあちゃんの事を「ええやん」って感じてくれるように。。。



ha1.gif



posted by かあちゃん at 00:26| Comment(2) | 想い綴り'11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。