2012年03月31日

さぁ 1歩(≧∀≦*)b

年度の変わり目、家族の中にも大きな変化が起きるようになりだした。

今までは順に学年が1つ上がった子ども達。


この節目にイグイグが家を出た。
学生生活を終え社会に出る。

成長がちょっと淋しく、めっちゃくちゃ嬉しい。


どの成長段階を迎える時もそうやけど、
想像してたのと現実に迎えるのとでは
当たり前やけど感じるもんは全然違う。

イグイグは1人目の子で
全ての成長段階を最初に通過してくれた。

かあちゃんならではの向き合い方の土台を作ってくれたのはイグイグ。

イグイグの友達に近所のおばちゃんの土台を作ってもらった。

もちろんジーナン・カイゴン・ミーシャンが、
それぞれの友達がそれを定着させてくれてん。



かあちゃんが我が子の飛び立ちを迎えて想った事は

産まれてくれたちっちゃなイグイグが
大きく逞しく優しく育ったんやなぁってこと。

イグイグの存在のありがたさ
飛び立つ淋しさ と 嬉しさ

そして
イグイグらしい「生きる力」を育む手伝いができたかなぁっていう気持ち。


これから順に我が子達が飛び立つ時期を迎える。
その度にきっとそれぞれの子へ、
それぞれの想いが溢れるんやろな〜


かあちゃんでいられる事が楽しくて嬉しくて幸せやなぁとつくづく想う。

子どもと過ごす事が、性に合うんやろな♪


小さな人と過ごし、大切な事を伝え、芯をしっかり持って社会に飛び立っていくのを支える。
こんな大切で刺激的な事を、おもしろい・楽しいと想える大人が増えるとええな ^ ^


ha1.gif




posted by かあちゃん at 22:54| Comment(2) | 想い綴り'12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

年度変わりにふと想う

かあちゃん自身がここまで生きてきた上で
いつも違和感を覚える

「同じであること」

「平均的であること」



その違和感は子どもと、友人と過ごす事で
増々大きくなって・・・。

同じなんてありえへん! 

違うのが自然で当然!!
って想いが強くなり続ける。



我が子の成長期間、一緒に関わってきた多くの子ども達。
そりゃ〜もういろんなタイプの子がいる。

それに自分自身の大人になるまでに関わってきた
個性豊かな友人達をみてきて感じるのは、


「どんな教育(法)をうけたか」よりも

「日常どんな大人や環境と出会ってきたか」

どれだけ大切かって事。


好奇心、創造力、創作力。
喜怒哀楽困考をたくさん経験して、
それを適度にサポートする人が周りにいるって事が
心や感情を豊かに逞しくしていく芯になるって思う。


島で暮らした時、長い期間を通して子どもの成長に触れ続ける機会があったことで、かあちゃんの芯の部分の想いに強さを持つ事ができるようになった気がする。


それぞれの向き合い方・考え方に
それぞれ最適の取り組み方

その過程があってこその それぞれの成長。


全てがそのままでええという訳やないのは重々承知。
せやけど大概の場合はそれもありなんやと思う。



「@@@さん」「●○のかあさん」って声を掛けてくれる子達がいてくれる。
特に用事がなくてもふとメールくれる子達がいる。
そんな存在でいられる事が嬉しくて、
こんな存在でいられるのは我が子達のおかげやと感謝ぴかぴか(新しい)



乳児から大人になっていくまでの間に
「あぁ 働きオカンと話したいな」「会いたいな」
ふと想いだしてもらえて、気軽に会える話せる
そんな存在の働きオカンでいれたらなと想う。




子どもを1人の「人」として尊重するっていうのは
常に意識してないと難しい・・・。
でも、案外簡単な事やったりもする (*‘ー‘)



ha1.gif





posted by かあちゃん at 00:52| Comment(2) | 想い綴り'12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。