2011年06月26日

千差万別の

かあちゃんの子どもとの過ごし方は、今までの身近な人達の中ではなかなか変わってた。

今でもかあちゃんの過ごし方は大きくは変わってへんし、現在の身近な人達の中でもやっぱりなかなか変わってる。



けど、働きオカンになって研修に出る事が増え、色んな子育て観を持つ人達と出会う事が増えると


かあちゃん流 は少数派ではあるけど、同じような思いの人達がいはるなぁと。

で、勉強する中で昔からの子育て観の中に同じような想いを度々見つけるようになった。



どの時代でも案外少数派で、けど理論建てて研究もして発表もしてはる。


なんかね、ブログを書く事に迷いが出てたのはこれも理由の1つ。

改めてかあちゃんの子どもとの過ごし方を書いたりしなくても、世の中には既に何世代もの間何度も発表されてるもんやねんもんなぁと思ってしまってん。


この同時期に同じような想いで子どもと過ごしてはる人が、それぞれの環境では少数派でも、きっといーーっぱいいはるはず。 


だったら・・・書かんほうがええかな?! と。




だけど、知り合いに

全く違う子育て観をスッと受け入れられたのはかあちゃんやったから。


とか


王道の子育て観に何か分からへんけど違和感があった。それを上手く消化できひんかったんやけど、かあちゃんの子育て観でモヤモヤがスッキリした。


とか


少数派のやり方を実際には生活にどう取り入れたら分からへんかったけど、かあちゃんのブログ観てなんとなくきっかけがつかめた。


とか言ってもらえると


そうか、何かのきっかけにしてくれる人もいるんやなと想えて、カテゴリを削除する訳でもなく書いたり書かなかったりを続けて今に至る(笑



別に特別珍しい子育て観やから書くんじゃなくて、書いときたいから書くでええんよなと。

働きオカンとして学べば学ぶ程、かあちゃんの向き合い方は大切にしていようと想うように・・・(*´∀`*)



学問としてではなく

直感的で
野性的で
単純で

つまり今まで通り(笑



千差万別の子どもとの向き合い方の1つとして♪

( ̄ー+ ̄)



ha1.gif


posted by かあちゃん at 22:54| Comment(0) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。