2011年07月10日

呼び方・呼ばれ方

いつかどこかで書いた事あったかなぁ?!



我が子が産まれてきてくれると分かった時、

さてさてどう呼んでもらおっか と父ちゃんと話した。


「ママ・パパ」は2人とも何となく頭に無く


「お母さん・お父さん」もなんかちゃうなぁと。

「お母ちゃん・お父ちゃん」も・・・ちゃう。


「かあちゃん・父ちゃん」がしっくりくるって事で決めた。



その頃、我が子にプレゼントする名前をあれこれ考えはじめて色んな事を考えて、でも最終的には自然に音と漢字で候補を選んだ。



赤ちゃんの名前っていろんな決め方があって本もかなり出てる。

そんな中で「あぁ分かる」と思ったのが名前の音の響きが性格に影響あるって内容の大脳生理学的な本。

どれだけほんまに影響があるのかは分からへんけど、なんか納得してん。


名前の持つ音に性質があるんやったら、名前はフルで呼び捨てで呼ぼうと。


だから我が子を呼ぶ時、呼び捨て。
兄弟姉妹同士も呼び捨て。



もしも名前の持つ音の性質が,
性格に少し気にかかる影響を出しているなら、
呼び方を変えるといいらしいとも書いてあった。




全面的に信じてる訳ではないけど、最近ふとその本を見てみたら我が子も含め身近な人の性格って確かに呼ばれ方の影響あるかもって思う(笑
日本名だけでなく,海外の名にも当てはまってる気がするし ♪(^-^*)


かあちゃんは「な〜お母ちゃん」って呼ばれる音が本名とほぼかぶってるねん。

確かに記憶にある頃からそんな性格やったかもしれへんなぁとも想う(笑



性格の理由をこれでまとめるなんてするつもりは毛頭ないけど、お互いを名字でなく大切な名前で呼びあえるとええなっていつも想う。


そんな想いがあるもんやから、かあちゃんはつい子ども達を呼び捨てや愛称(子ども間の)で呼んでしまうんやけど、それを好まへん親御さんもいはるから気をつけなあかんなとたらーっ(汗)

呼び方・呼ばれ方 変えてみます?! (*'ー'*)



ha1.gif


posted by かあちゃん at 21:54| Comment(0) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。