2011年09月12日

考え事イロイロ

かあちゃん、多分人生も中盤。

日々、命の始まりと終わりは一瞬だと自分に確認しながら過ごしてるつもり。


自然の一部である命は、ふと終わっても本来なら何も不思議な事じゃない。
ただ人はいつの間にか、産まれて老いて命を終えるのが当たり前な感覚になってしまっていて・・・
つい頭の隅の隅にこの事を追いやってしまってるんやろうと思う。

確認しながら過ごしていても、これは頭では分かっていて実感伴ってないよなと自分の感覚にため息も出る。


大切な人の命の終焉を受け入れるのはきっと時間がかかるんやろなと自分を分析したりもする。




かあちゃんは・・・

娘で嫁で、両親や義母の老後の事を考える。

姉で、妹や弟たちの歩いてる道を秘かに応援してる。

母で、我が子達の生きていく姿や道に想いを馳せる。
いつか命が繋がっていくのかなと考えたりもする。

父ちゃんのパートナーで、どうやって歩いていくんやろと考え込む。


秋の気配に増々そんな事を想う今日この頃。


ha1.gif


posted by かあちゃん at 19:12| Comment(0) | 想い綴り'11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。