2012年10月20日

「ちがう」からいい ^ ^

子どもの頃の記憶はほとんど無い。

何度か書いてたと思うんやけど・・・。

○○と同じって事を、すごく心地悪く感じてた事は憶えてる。
出来なかった・苦手やったって事もあるんやろけど、同じ事を同じ時にテストされ評価されるのがストンと気持ちの中に落ちひんかった。


同じである事・同じでいる事にものすごく違和感を感じてた。


違っている事が自然♪ 

違うからいい♪




あまのじゃく? ひねくれ者? な視点を持ってたからか、理由のはっきり見えないルール「こうするのが良い」と言われたら「なんでそれでないとあかんのん?」って子でたらーっ(汗)


ただ・・・、直感(かな?)で「ここは言ってはる事が筋」ってのは感じてた気がする。


授業というものが好きじゃなくて、中学生からは理解も特に出来ないのに座ってるだけの時間やった気がする。実技類は、どれも好きで上手くはないけど楽しかった。


我が子の命に気がついたときも、周りからのアドバイスの「こうでないと・・・」がすごく心地悪かった。
育っていく命に関わっていく時、文明が入り込んでない地域で暮らす人達をイメージしていた自分を思いだす。


授かって


産まれてくれて


育って


大人になっていく



ずーっと繰り返されている事。
命が繋がるって事は奇跡やけど、自然な事。


ふと目に止まった看板。
ご縁で繋がった助産院で子どもたちは産まれてくれた。







変わってるくらいがちょうどええ。
たくさん笑えて、生き生きと毎日を過ごせる。
大切な人と出会えて『らしく』生きてほしい。
社会でいきるのに最低限必要な事は伝えよう。
○○教育って事に捕われずに直感を芯に、我が子に関わろう♪



悩んだその時その時に、必死になってあれやこれやと教育法を学ばなかったのは、知る事できっと感化されて違和感感じながらも少しずつ固定観念を持ってしまいそうやったから・・・。



そんなかあちゃんの向き合い方は

子どもには煙たい事もあったはず。
これからもまだまだあるはず・・・あせあせ(飛び散る汗)


随分通り過ぎてしまった幼い我が子と向き合う時間。




子どもと関わる仕事をしてる以上、アレコレ基礎知識はしっかり知ってなあかんと思って改めて●○教育とか○○教育とかの本を読んでみたりする。



かあちゃんが子どもと向き合ってきたやり方は、たくさんの方針がミックスされてた(笑



家庭であれ 教育の現場であれ 社会であれ
子どもと関わるのに大切なのは

出来るなら自然に沿ったリズムで毎日を過ごす事。

想像・創造する力、遊び尽くす集中力を見守る事。

工夫・失敗の経験を知識にしていけるようなきっかけになれる事。

目線を合わせて、その子が理解できるルートで話す事。

一人一人の特質や個性が伸びる道標になれる事。

それぞれ想いの表現方法に気づける手伝いをする事。

子どもは真似しながら育つから、伝えたい事は真似してもらえるようにすればいいって事。

得意不得意、身に付くタイミングはみんな違うって知ってる事。

子どもは「小さな人」で、大人は「小さな人やった」っていう繋がりが途切れないこと。
・・・・・・

書きはじめたら案外たくさんあるな (・ω・;)






キリもなさそうやしたらーっ(汗)


これからも出来る限り

子が興味持ってる事に気づいて
どう関わると伝わるかを見つけて
いっぱい笑うぴかぴか(新しい)


向き合う事で感じる喜怒哀楽困考を大事に♪




ha1.gif



posted by かあちゃん at 23:33| Comment(0) | 想い綴り'12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。