2011年07月10日

呼び方・呼ばれ方

いつかどこかで書いた事あったかなぁ?!



我が子が産まれてきてくれると分かった時、

さてさてどう呼んでもらおっか と父ちゃんと話した。


「ママ・パパ」は2人とも何となく頭に無く


「お母さん・お父さん」もなんかちゃうなぁと。

「お母ちゃん・お父ちゃん」も・・・ちゃう。


「かあちゃん・父ちゃん」がしっくりくるって事で決めた。



その頃、我が子にプレゼントする名前をあれこれ考えはじめて色んな事を考えて、でも最終的には自然に音と漢字で候補を選んだ。



赤ちゃんの名前っていろんな決め方があって本もかなり出てる。

そんな中で「あぁ分かる」と思ったのが名前の音の響きが性格に影響あるって内容の大脳生理学的な本。

どれだけほんまに影響があるのかは分からへんけど、なんか納得してん。


名前の持つ音に性質があるんやったら、名前はフルで呼び捨てで呼ぼうと。


だから我が子を呼ぶ時、呼び捨て。
兄弟姉妹同士も呼び捨て。



もしも名前の持つ音の性質が,
性格に少し気にかかる影響を出しているなら、
呼び方を変えるといいらしいとも書いてあった。




全面的に信じてる訳ではないけど、最近ふとその本を見てみたら我が子も含め身近な人の性格って確かに呼ばれ方の影響あるかもって思う(笑
日本名だけでなく,海外の名にも当てはまってる気がするし ♪(^-^*)


かあちゃんは「な〜お母ちゃん」って呼ばれる音が本名とほぼかぶってるねん。

確かに記憶にある頃からそんな性格やったかもしれへんなぁとも想う(笑



性格の理由をこれでまとめるなんてするつもりは毛頭ないけど、お互いを名字でなく大切な名前で呼びあえるとええなっていつも想う。


そんな想いがあるもんやから、かあちゃんはつい子ども達を呼び捨てや愛称(子ども間の)で呼んでしまうんやけど、それを好まへん親御さんもいはるから気をつけなあかんなとたらーっ(汗)

呼び方・呼ばれ方 変えてみます?! (*'ー'*)



ha1.gif


posted by かあちゃん at 21:54| Comment(0) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

千差万別の

かあちゃんの子どもとの過ごし方は、今までの身近な人達の中ではなかなか変わってた。

今でもかあちゃんの過ごし方は大きくは変わってへんし、現在の身近な人達の中でもやっぱりなかなか変わってる。



けど、働きオカンになって研修に出る事が増え、色んな子育て観を持つ人達と出会う事が増えると


かあちゃん流 は少数派ではあるけど、同じような思いの人達がいはるなぁと。

で、勉強する中で昔からの子育て観の中に同じような想いを度々見つけるようになった。



どの時代でも案外少数派で、けど理論建てて研究もして発表もしてはる。


なんかね、ブログを書く事に迷いが出てたのはこれも理由の1つ。

改めてかあちゃんの子どもとの過ごし方を書いたりしなくても、世の中には既に何世代もの間何度も発表されてるもんやねんもんなぁと思ってしまってん。


この同時期に同じような想いで子どもと過ごしてはる人が、それぞれの環境では少数派でも、きっといーーっぱいいはるはず。 


だったら・・・書かんほうがええかな?! と。




だけど、知り合いに

全く違う子育て観をスッと受け入れられたのはかあちゃんやったから。


とか


王道の子育て観に何か分からへんけど違和感があった。それを上手く消化できひんかったんやけど、かあちゃんの子育て観でモヤモヤがスッキリした。


とか


少数派のやり方を実際には生活にどう取り入れたら分からへんかったけど、かあちゃんのブログ観てなんとなくきっかけがつかめた。


とか言ってもらえると


そうか、何かのきっかけにしてくれる人もいるんやなと想えて、カテゴリを削除する訳でもなく書いたり書かなかったりを続けて今に至る(笑



別に特別珍しい子育て観やから書くんじゃなくて、書いときたいから書くでええんよなと。

働きオカンとして学べば学ぶ程、かあちゃんの向き合い方は大切にしていようと想うように・・・(*´∀`*)



学問としてではなく

直感的で
野性的で
単純で

つまり今まで通り(笑



千差万別の子どもとの向き合い方の1つとして♪

( ̄ー+ ̄)



ha1.gif


posted by かあちゃん at 22:54| Comment(0) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

「褒め方」とな?!

少し前、ミーシャンの学年の保護者会で

議題が「褒め方」について

やった事がある。


クラスの大半のお母さん達が

「全然褒めてないな」と我が身を振り返ったと話されてた。



で、かあちゃんも自分を振り返ってみたら怒る事はほとんど無いけど、どうやって褒めてるんやろ?


分からん(・ω・;)(;・ω・)


改めて考えてみても はっきりとはわからへん。





かあちゃんは子ども達(我が子以外も)と話してて、見てて、心底


ようやってんなぁ って想うねん。

子どもが幼い頃は叱る事も度々やったけど,その頃には既に「ようやってんなぁ」と想ってた。


子どもの成長と共に、その年齢範囲はどんどん広がって今では乳児から大人まで・・・(笑


自分の気持ちの葛藤と向き合ってたり

嫌やなと想う事に取り組んでたり

めっちゃ楽しんでたり

ものすごい集中してたり

めっちゃ頑張ってたり

自分にとって大切な事に熱中したり

相手を思いやったり


大概の人の 姿や行動や発言に

「よぉやってんなぁ」って つい言ってしまう。


これがかあちゃんの「褒める」の、一番根本の部分らしい。


「よぉやってるやん」

「すごいなぁ」

「やるなぁ」

「ええやん」

「がんばったなぁ」

「そぉかそぉか」

「なかなか♪」


正しい褒め方ってのがあるのかは分からんし、あっても考え無しにそれに従おうとは思わへん。
人は皆千差万別、1つの方法だけがええなんてありえへん!

まぁかあちゃんのこの向き合い方がええのかもわからへんけどね。

かあちゃんは家族や近しい子ども達・友人と話す時、こんな言葉をよく言ってるなと。
さてこれが「褒め方」になってるのかは分からへんけど、子ども達はとても気楽に、正直に,時には真剣にかあちゃんと向き合ってくれてるから・・・ええんです(笑


ちなみにかあちゃん、怒らへん訳じゃないけど大爆発したりする事はない。
つまりカーむかっ(怒り)ときて、ドカン爆弾はかなり珍しい。

・・・が、静かに叱られるのは結構恐いし堪えるらしい(笑




いかに我が家のハードルが低いかを再認識した議題でしたたらーっ(汗)

それもまたかあちゃん流っちゅう事で ̄∀ ̄*



ha1.gif


posted by かあちゃん at 23:10| Comment(2) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

母友

えらい冷え込みあせあせ(飛び散る汗)

あまりの冷えっぷりにガタガタ震えてしもた・・・



って、明日の最低気温8℃ (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

なんですと〜!!!


最高でも14℃。。。orz





南国生活ですっかり毛穴の開いた関西組我が家。

この急激な冷え込みに耐えられるんやろかたらーっ(汗)







島暮らしのブログに書いた事あったかなぁ・・・
相変わらず記憶力無いな(;´д`)


かあちゃんが子育て始めた頃、それはそれは個性豊かな母友に恵まれた。

母友それぞれの価値観で、それぞれのやり方で。
その中からいっぱいかあちゃん流の土台になるやり方に気づいた。

この母友たちに出会えてありがたかったのは

「お母さん」は「こうあるべき」って一般に言われてるものに振り回されてへん人が圧倒的に多かったって事。


そしてどうしたって肩書きが付いてしまうかあちゃんを肩書きなしで受け入れてくれた事。




それぞれの母友の工夫を聴いてるうちに かあちゃんの考えとブレンドされて今のスタイルになってん。





今では滅多に会わへんくなったこの時期の母友達に,たまに出会った時以前と何も変わらず話しができる事はとってもありがたい。

なんでかって・・・かあちゃんらしい働きオカンのスタイルが絞り込めてきたから。



かあちゃんが子どもと過ごす時に気をつけてた事・大切やと感じてた事を、働きオカンが周りの方と同じ目線でおしゃべりする中でその人也の考え方とブレンドされていったらええなと。

大きく動かなくても自然体で居るかあちゃんから、子どもとの向き合い方にええ刺激を感じてくれたら嬉しいな。

かあちゃんが出会ったちょっと先行く母友たちから刺激をもらったように・・・



ha1.gif


奄美大島 大雨洪水土砂災害 について・・・

テレビではどんどん放映も少なくなり情報が掴みにくくなると思います。



やっと少しずつ復旧に向けて動き出してる時に

台風14号が発生たらーっ(汗)

進路がとても気になります。



何とか持ちこたえた地盤はまだまだ緩く・・・

どうか大きな被害になりませんようにとただ祈ります m('- ' )




引き続きUstのAMAMI FMへの入り口を記します。


UstでAMAMI FMが聴けます。

こちらから次項有

緊急情報も流れています!!!!




ha1.gif





posted by かあちゃん at 22:05| Comment(0) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ごちゃ混ぜ

ちょっと〜 朝晩寒いんですけど・・・たらーっ(汗)


南国奄美暮らししてたから、どうやら毛穴が開きまくってるらしく周囲の人たちよりも寒さを感じやすくなってるみたい。

元々関西暮らしのころは,少々の寒さはどうって事なかってんけどなぁ(ー'`ー ; )



今年はかなり早めにアウターを用意せなあかんかもしれへんな。






働きオカンになってから、どうしても子どもだけでっていう事が起こってる。

少々は覚悟してたけど、子ども達・・・ミーシャンがもう少し年齢が上がるまでは極力避けたいと思ってんのになぁダッシュ(走り出すさま)


まぁだからどうかなってまうなんて想ってへんけどね(^ ^;

それぞれの子と、それぞれの向き合い方でたっぷり話せてるし。。。







かあちゃんは子どもと過ごす事が好きで、家に居る事を選んでた。

決してこうしてあげなくちゃって事でじゃない。

かあちゃんが子ども達と過ごしたかってんな♪




そんな時期を振り返って考えてみたら、あんまりかあちゃんだけの時間を欲しいと想った事は無い気がする。



だけど別にずっとニコニコしてた訳じゃなく

叱ったり

イライラしたり

悩んだり

憤ったり

凹んだり


そんな事もごちゃまぜて過ごしてたんやと想う。



子ども達と過ごす事で感じたこんな感情を解消するのも、子ども達と過ごす事やったから かあちゃんにはこのスタイルが合ってたんやなぁと。



肩肘張らず

しっかりもちゃんともせんと

遊ぶことがメインやった
かあちゃんの子どもとの過ごし方。



正直かなりらくちんな子育てちゃう?!っていつも思う。


かあちゃんは子どもと居る事がリフレッシュでもあったけど

子どもと少し離れる事でリフレッシュ出来る人もいる。

しっかり仕事する事がリフレッシュになる人もいる。



それぞれのスタイルでええと想うねん。



たっぷりの時間一緒に過ごせてるのもええやん。
たっぷりな時間じゃなくてもしっかり気持ちを込めて向き合えてたらええやん。



それぞれの子がそれぞれの保護者との関係で歩く成長は千差万別。

子どもがどんな成長過程を歩こうと

大人になった時 ええ関係でいられたとしたら

それは ええ時間を過ごしてきたんやと想えるはず。




我が子と過ごすのがたまに楽しくなかったってええと思う。
そんな時はちょっと息抜きして、また子どもと過ごすの面白がったらええんやし

たくさんの人に自分也のリフレッシュみつかるとええなぁぴかぴか(新しい)






あっ、ちなみにもうすぐ20代に手の届くイグイグが

「かあちゃんて我が子には

結構きびしいよな」


って言ってたから

かあちゃんの思惑と我が子達の感じてる事は
やっぱり違うみたいやわ(笑





ha1.gif





posted by かあちゃん at 20:58| Comment(0) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

カテゴリ追加(笑

かあちゃんはなかなか変わってるらしい。
自覚済みやけどね・・・

以前のブログ『てぃってぃぐわ』には随分そんなかあちゃん流が溢れてる(らしい)。

子と過ごす期に出会った人や、暮らした奄美大島のシマ(集落)や直接かあちゃんを知ってる人はすっかりこんなかあちゃんに慣れてて「かあちゃんはこんなんなんやな」って思ってるから少々変わった事しても発言してもどうって事ない。


かあちゃん自身、自分の発言や行動を人に驚かれたり笑われたりするってことをうっかり忘れててんあせあせ(飛び散る汗)


だけど関西に移動してきて、新しい人との出会いでとにかく驚かれ笑われ・・・


せやった Σ( ̄□ ̄; )

と思い出した。


「変わってる〜」「おもしろい」と一緒にほとんど


「それっていいですね」
「そっか、それもありなんや」
「それでいいの?!」

と言われ、我が子の成長を振り返ったら

「大丈夫やで、結構ええよ〜」となるから




そんなちょっと変わってるらしい子どもとの過ごし方なんかを

『かあちゃん流・・・?!』ってカテゴリにしてみることにしました(笑



私やってるとか別に新しくないよとかって思ってもらっても、そんなんあかんやろと思ってもらってもええんです。


ちょっと「ん??!」って感じてもらえれば (゚∇^d)


笑われたり驚かれた時にでも書く事にします!



ha1.gif





posted by かあちゃん at 01:00| Comment(2) | かあちゃん流?! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。