2012年10月01日

夢中な事を・・・繋げる

子どもが順に飛び立って行くなぁと増々現実的に思うこの頃。

かあちゃんの子どもとの過ごし方を振り返る事もチラホラ。




これは、誰でもがやってはる事かもしれへんけど・・・。


子どもが小学生くらいになった頃から、夢中になったり興味を持ったりしたものが先に繋がっていくかもしれへんなという事を意識して、何となく耳に入るように伝えてた事がある。


子どもたちが夢中になってるもの(事)を

「気がつく人がいる」


「思いつく人がいる」


「つくってる人がいる」


・・・・たくさんの人が関わってるんやでって事に気がついて欲しいなって思って。



どんな小さなものにでも
たくさんの人が関わっているっていう事が
ちゃんと子どもに伝われば
少しずつでも物を大切にする事にも繋がると想うんです。

ただ「もったいない」といっても
伝わりにくくなってる気がすんねんな



夢中になってるものに関われる仕事がたくさんあるんやでって伝わればええなと思って。


詳しくは分からへんけど、
ゲームが好きなら、ゲームが出来上がるまでのたっくさんの仕事。
スポーツが好きなら、道具・場所・身体を支える仕事もある事。
本が好きなら、書く(描く)・撮るはもちろん、紙・色・印刷・編集・・・。

知らない仕事がいっぱいあるって事を知ってくれたらなぁって想う。



どんなことであっても夢中になるほど、そのすごさに気がつくみたい ^ ^



オールマイティーに勉強ができて成績が良い。決して悪くない。

でも、好きな事を夢中でやってるうちにそれに関わる仕事に結びついていくっていう人生の歩き方。ええと思う。



子どもが自分で気がつけばええんやけど、気がつかへん子もいると思う。ちょっと言葉にして伝える事で子どもの「やりたいこと」に繋がっていくんちゃうかなぁ(*´∀`*)




ha1.gif






posted by かあちゃん at 23:25| Comment(0) | 道標になるやろか(*'ー'*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

丁寧でも荒くても

我が子達がまだ幼い時、それなりに言葉遣いも丁寧に過ごしてた。
丁寧に話せる事は、とても大事な事。

我が子達の成長と共に、どの子も通る道。
多くの言葉遣いをどこからか仕入れて使ってみはる。

綺麗な言葉もあれば
乱暴な言葉もあるし
流行言葉もある。


かあちゃんが知っている言葉でも
使われる意味が違ってる事も多い。


どうしても使ったらあかんやろと思う言葉には
なんであかんのか伝えて、使わんようにしてもらう。


成長の過程で友達とのやりとりで使っているだけの言葉には
使っていい時・相手を考えるように言葉掛けをした。



子ども達が随分育った今、我が家では
なかなか荒い言葉でやりとり ^ ^;
関西らしいっちゅうのかな(苦笑

これは信頼関係があるからできるやりとりやとみんなが承知してるし、すっかり定着したやりとり ̄∀ ̄*
ノリツッコミ 後 オチ みたいな・・・


我が子が幼い頃の我が家を知ってる人がみたら
「どないしたん?」と思うんちゃうかなってくらいたらーっ(汗)


清く正しく品よく・・・。
かあちゃんには合わへんかってんな (。-`ω-)

どうしても上っ面だけの会話になってしまう気がして
子どもの反抗期・思春期・青年期に沿うように
子どもの想いがそのまま出てくる言葉で向き合うようになった。


それが、ええのか悪いのかは分からへん。ただ、


話しやすい・聞いてもらえる


とは感じてもらいやすいみたいで
我が子の友達も、心無しか気楽に絡んでくれる♪


それは使ったらあかんやろっていう類いの言葉以外は
かあちゃんも面白がってるみたいに一緒に使ってるうちに
いつの間にかブームも去って、使わなくならはる。
そしてまた新しい言葉が飛び交う(笑


言葉使いを気にするのはもちろん大切やけど
使い分けられる力を身につけられるように
伝えていく事も大事やとつくづく思う。

裏で悪口言うとかそういう事じゃないですよ (´・ω・`)



成長過程の通過点。。。かな



丁寧でも荒くても想いが伝わる関係が
大切にされるとええなるんるん




言葉遣いを直されすぎて、
言いたい事を言わなくなる。
そんな事がなかったらええなぁ〜

丁寧に話せるにこした事はない!
とは思ってますけどね


ha1.gif





posted by かあちゃん at 22:45| Comment(0) | 道標になるやろか(*'ー'*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月13日

それぞれの

子どもの成長と共に出てくる嬉しいことや悩み事。

大雑把な通過点はあるものの、それぞれ通過する時期もタイミングも仕方も当然違う。


イグイグで気になったこと,考えたこと、嬉しかったことは

ジーナンでは、また随分違う。

カイゴンでも、またまた大きく違う。

ミーシャンに至っては、似てる過程を探す方が難しいくらい。



できるだけその子の感覚や考え方・性格・その他色々を想い、
どう向き合ったものかと頭を抱え心が苦しくなって・・・

腹立ってみたり、悲しくなったり、やりきれなかったり。



どうしたって突破口が見つからへんくて

お手上げや〜〜 ってなったら


何にもしてへんのに自然とええ方に向きはじめたりして。。。




身体中の空気が

はぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜

ってため息で出ていってるんちゃうかな?!って思っても




機嫌よく、ニコニコと会話する様子に

まぁええか (´・ω・`) ってなってしまう。



楽しいこと・おもしろいことと同じくらい、そんな風に過ごす日々。

1人ずつ通過しては、
また違うスタイルでその時期を通過していく子ども達の成長に、
今日もかあちゃんは笑ったり悩んだり伝えたり怒ったり。


かあちゃんの感性や感覚と子ども達それぞれは違うんやと肝に命じつつも、
それでも伝わってしまうもんはあるやろと若干開き直りσ(^_^;)


夏休みはいつも以上に子ども達と対戦してるみたいやわたらーっ(汗)



通り過ぎてしまえばよく覚えてへんのは
かあちゃんの長所かもしれへん。
うっかり比べることが少なくて済むからね(笑



ha1.gif


posted by かあちゃん at 23:56| Comment(0) | 道標になるやろか(*'ー'*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

2,

かあちゃんが子どもと過ごす中でやってた事は,気がついたらやってたって事が少なくない。何かを見て聞いて真似した訳じゃなくて(・∀・)


その中の1つに、手渡し遊びがあった。

赤ちゃんが必ず通る時期、手にしたものを人に渡してまた取り返すっていうやりとりを始めた頃から、



もらった時は必ず「ありがとう」と受け取り

渡す時は「どうぞ」と言いながら。




その時は子どものニコニコ顔に「無言でやりとりするのはかなんなぁ」って感じでやりはじめたんやけど、これが今の子ども達にも繋がってると感じる。



「ありがとう」と自然に口に出る我が子達やけど、何となく言わんで済んでしまう状況もある。



そんなとき

「どうぞ」と言うと


「ありがとう」と返ってくる。


「どうぞ」に「ありがとう」って返しやすい言葉なんやなぁ。



ありがとうを身につけてほしいと想う乳・幼児の子育て期には、「ありがとうは?!」とか「なんて言うの?!」って子どもに向けて言うよりも、「どうぞ」と「ありがとう」のやりとりを繰り返しながら遊んでると、できるようになるんちゃうかなぁって想います♪


ha1.gif


posted by かあちゃん at 17:02| Comment(2) | 道標になるやろか(*'ー'*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

1,

かあちゃんの子育てのスタートは21歳のとき。
イグイグをお腹に授かったとき。

もともと病院が苦手で、最低限の時しか行った事がなかったかあちゃん。

妊娠は自然な事で,出産も・・・
それやのに病院に行くのか?!って疑問に思ったのが最初。

知識が無いかあちゃんは、何かよく分からへんけどスッキリせんまま産婦人科に足が向かへんかった。

そんなある日電車に乗って出かけてたとき,駅の看板に「○●助産院」の文字。
心に残ったその「○●助産院」にどうしても行ってみたくなって・・・

そこでのご縁でイグイグ・ジーナン・カイゴン・ミーシャンと4人ともお世話になる事ができた。
かあちゃんの子どもとの向き合い方の原点は、この助産院で過ごした時にできたんやなと思う。

『産み方は生き方』
かあちゃんにはとても響いた言葉。
出産を控えたときやったからやろ。

現在子育てしてていろんな人達と出会って、そうとばかりは言えへんよなと思う事もある。
子育てや生き方って正解が無いだけに・・・

だけどかあちゃんが生き方を考える大切なきっかけになった言葉やなと。


ha1.gif


posted by かあちゃん at 22:03| Comment(0) | 道標になるやろか(*'ー'*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

子と過ごした中で

子どもを授かって、一緒に過ごす中でやって来た事・心掛けた事。
初めてのその時から,気がつけばもう19年

本を読む訳でもなく多くの考え方は直感的で、自然(野生的)に湧いてきたように思う『かあちゃん』のやり方。

人それぞれで十人十色とはこの事!! と言えるのが子どもとの過ごし方やと思う。

そのやり方は誰かと似てるかもしれへんし、誰とも似てへんかもしれへん。
大切にしてるポイントはそれぞれ違う。

かあちゃんのやり方に同調する人もいれば、反論する人もいるやろ。


それでも、ここに立ち寄ってくれた人が

良くも悪くも「ん?!」と思ってもらえるきっかけになればええな。

そんな風に想って以前のブログの記事も使いながら「かあちゃん流」の子どもとの過ごし方や想いをボ〜チボチとまとめていこうかなと思ってます。

カテゴリの『かあちゃん流』とまとめるかもしれません(苦笑



ha1.gif



posted by かあちゃん at 16:10| Comment(0) | 道標になるやろか(*'ー'*) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。